コロナ禍(ころなか)が及ぼす大変革

最近は御多分に漏れずそれまでは殆ど利用しなかったランチのテイクアウトサービスを利用するようになりました。残念ながら自分の住んでいる地域では、ちまたで流行のUber Eatsを利用しようと思ったらサービス提供の対応地域外でした。昨日からはじまったという例の10万円のオンライン申請も県内ではほとんどの地域が対象地域なのにもかかわらず、自分の地域は対象外でした。

今どきは、何が起きてもコロナのせいと相場が決まっていますが、どういうことでしょうか。

大きな災害や世界的な不況などがあると、社会の色々なところで変革が生まれます。

今回の新型コロナウイルスは、どのような大変革を起こすのか。色々なところで取り上げられていますが、むしろ変化の予想があまりにも多く、大きなものであることに驚いています。

身の回りでも、売り切れて手に入りにくいもの、テイクアウトサービスの利用頻度、テレワークの導入についての本気度や連日のニュースの内容や論調は実感できるものですが、その日々の変化は以前のリーマンショックや東日本大震災に比べても、個人的にはそれ以上に感じています。コロナ禍が及ぼすだろう大変革はすぐそばまで来ています。そんな中で先の小さいことであればいいですが不運に見舞われないように祈るばかりです。


8回の閲覧

最新記事

すべて表示

除菌対策大丈夫ですか?

最初の新型コロナウィルスの全国的な広がりを見せてから半年が経過しました。 そんな中、日大とカルテック、光触媒による新型コロナ感染力抑制効果を確認というニュースが飛び込んできました。 光触媒の有効性が証明されたと言えるかもしれません。もちろん色々な条件によってその効果のほどは変わってくるでしょうが、少なくとも光触媒によるウイルス除菌の対策は方向性としては間違っていないのではないかと思います。 当社は

あかりの蔵

株式会社 高山提灯

リンク

〒506-0011 岐阜県高山市本町4−33

電話番号:090-1629-8535
 

  • Instagram

©Takayama Cho-chin